ブログ メールアドレス Facebook
吉田木工 吉田木工

桐箪笥の再生

納品・工事

お久しぶりです。

皆さんお盆はいかがお過ごしですか?

私共は相変わらず休みなしで働いております。

まさに貧乏暇なし。

悲しいけどリアルっす。   涙

さて今回は、前回と同じく「再生」シリーズです。

先代の想いが詰まった桐箪笥。

捨てるに捨てられない、でもどう使ったらいいのか・・・?   という方が結構いらっしゃいます。

今ではなかなか本格的な桐箪笥は作られていませんので、やっぱり捨てるのは勿体無いですよね。

日本独特の家具なので、外人さんにもウケがいいです。

桐箪笥  三つ重ね(中洋)  before  ↓

吉田木工&よーすけのブログ

だいぶ色褪せていますが、決して状態は悪くありません。

ただ、新築された家などには趣きが合わない場合が多いので、削り直しをお勧めします。

今回のお客様は、塗装を「時代色」で仕上ております。

特徴は、桐の表面を少し焼く事で、桐の板目を黒く、そして丈夫にし、

凹凸感のある「浮造り」を施してあります。

またこの「灰色」が桐箪笥の歴史を感じさせる良い色に仕上がっています。

after  ↓  

吉田木工&よーすけのブログ  
左は二つ重ね

取っ手金具も新品に付け変えました。

吉田木工&よーすけのブログ

このように無垢の家具は、100年経っても再生可能なのです。

これこそ時代に合っている「エコな家具」ではないでしょうか?

「温故知新」

今日からこれを私の座右の銘にしたいと思います。

ではでは

よーすけ


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました