ブログ メールアドレス Facebook
吉田木工 吉田木工

アワザチェア

ダイニングチェアー

Awazaダイニングチェア0216『腰の椅子』と言われるアワザチェア。

椅子デザイナーの井上昇氏が手掛けるブランドです。

40年におよぶ日本人のための椅子の設計・開発の経験、そして日本人と欧米人の体格差からくる人間工学の比較研究から、どのような寸法、背・座の傾斜角度が日本人に良いか、研究に基づきデザインされています。

日本人のための腰の椅子なのです。

椅子は『背』『座』『肘』から構成されています。

『背』は多くの神経がたくさん通っている、健康上特に重要な背骨を支える部分。

『座』は欧米人より小柄で靴を脱ぐ文化である日本人の体系に適切な高さや傾斜を。

『肘』は全体重のおおよそ16%(片腕8%)の重さがある肘を支え、肩の筋肉の負担を軽減、かつ立ち上がる時の支えとしても重要な部分。

Awazaチェアはこれらの日本人の人間工学をふまえ、骨盤を支え、最高の座り心地を提案する『腰に優しい椅子』です。

ショールーム展示1

Awazaダイニングチェア0216

日本人の健康をサポートする椅子としてデザインされたAwazaシリーズの第一作目。

大きな座、大きな肘、木の安らぎ、日本人の健康、そして生活スタイルを追及した椅子。

W600×D500×H675/695(SH410/430)

 

ショールーム展示2

Awaza MA01アームレスチェア

コンパクトで軽いアームレスチェア。

椅子の人間工学を基にした『腰の椅子』の座り心地をアームレスチェアで踏襲した椅子。

2018年にグッドデザイン賞を受賞。

W490×D480×H690/730(SH410/430)

 

椅子は下着・上着に次ぐ第3の服と言われ、それほど毎日の生活に欠かせない身近なもの。

毎日長時間座るので、身体に合う椅子選びをしたいものですね。

以上、Awazaチェアでした!

 

 

 

お問い合わせはこちらから

    ダイニングチェアー
    吉田木工
    トップへ戻る
    タイトルとURLをコピーしました