ブログ メールアドレス Facebook
吉田木工 吉田木工

バタフライスツール

ダイニングチェアー

斬新な見た目に目を奪われるスツール。日本が誇るデザイナー・柳宗理氏が生み出したバタフライスツールです、1956年に発表されました。あのイームズのラウンジチェア&オットマンと同じ年なのですね!

日本を代表するデザインとして、国内だけでなく海外でも高く評価されているスツールです。

パリのルーブル美術館やニューヨークの近代美術館など著名な美術館に収集されています。

蝶が飛んでいるかのような優雅なフォルムと曲線を成形合板で表現。これが『バタフライスツール』と名付けられた所以です。

国内でいち早く成形合板技術を取り入れていた天童木工と共に開発をすすめ、バタフライスツールは完成しました。2枚の成形合板とネジ、真鍮のステーだけのシンプルな構造。

構造自体はシンプルですが、人工物でありながら自然の物のように見える理由は、天童木工の高い技術によるものです。

誕生から半世紀以上経つ今でも多くの人々を魅了し続けているバタフライスツール。これからもずっと愛され続けていくことでしょう。

左右対象の板が支え合う姿から、結婚祝いの贈り物に選ばれる方も多いそうです。

 

材種:ローズウッド板目・メープル板目

寸法:W425×D310×H387 (SH340)

重さ:2.2㎏

ショールームにはローズウッド板目のバタフライスツールが展示してあります。ぜひ、世界の名作を見に来てくださいね!

以上、バタフライスツールでした。

お問い合わせはこちらから

    ダイニングチェアー
    吉田木工