ブログ メールアドレス Facebook
吉田木工 吉田木工

ゾランヴァリである理由

ゾランヴァリギャッベ

素朴で癒される絨毯『ギャッベ』は世界中の人々に愛され、一大ブームを巻き起こしました。

人気が出るほど多くのものがでまわる今だからこそ知って欲しいことがあります。800年前から現在に受け継がれているギャッベを約50年前に世界に向けて紹介したのが、ゴラム=レザー・ゾランヴァリという人物。ギャッベの第一人者であるとともに、カシュガイ族の遊牧民たちと深い信頼関係を保ち、彼らを信じ、喜ぶ顔を見るのが何よりも嬉しいと話します。カシュガイ族の人々はゾランヴァリ氏を『ギャッベの育ての親』と親しみを込めて呼んでいます。だからこそ、ゾランヴァリのギャッベには遊牧民の夢や希望、感謝や尊敬が表現されているのです。草木染めの復活…鮮やかな色を好む遊牧民は簡単に早く染る化学染料に飛びつき、1950年代にはギャッベはほとんど化学染料を使った糸で織られていました。しかし、ゾランヴァリ氏はその鮮やかすぎる色彩は人々に飽きられることをいち早く察知。草木染めの復活に力を尽くしました。

 

徹底した品質管理…春に刈り取られた油分を多く含んだふわふわのウールを丁寧に手で紡いだ糸を集荷し、自社工場で草木染めし、自然乾燥します。選別を経たウールのみ遊牧民に返します。さらに、織りあがったギャッベの最初あらいやメンテナンスなど、きめ細かな作業を経て『ゾランヴァリ・ギャッベ』となります。本物の証として、裏にゾランヴァリのロゴマークが入っています。1995年・2000年にはヨーロッパ業界の発展への貢献が評価され、絨毯界のオスカー賞といわれる『カーペット・オスカー賞』を、2012年には世界で最も優れたカーペットに送られる『カーペットデザインアワード』を受賞。

お問い合わせはこちらから

    ゾランヴァリギャッベ未分類
    吉田木工
    トップへ戻る
    タイトルとURLをコピーしました